日本国籍者用の中国ビザに関するご案内

日本国籍者用の中国ビザに関するご案内

中国ビザに関するご案内

査証(ビザ)は、渡航先国の在日大使館・領事館による当該国へ入国する資格を有する旨の証明であり、 入国許可証とも呼ばれます。日本の方が中国へ渡航する際には、中国に入国するための査証が必要になる場合があります。 その場合、中国へ渡航する前に必ず査証取得の申請をしなければなりません。
弊社は中国大使館査証取り扱いについて正式な代行権を受けた旅行会社です。「格安」「迅速」「安心」の代行サービスをご提供致しますので、是非ご用命下さい。

※2020年9月1日より中国査証、認証の申請における条件、状況が以前に比べて大きく変更となりました。つきましては、弊社でも中国査証、認証申請代行業務に関しましては現在特別期間としての対応ならびに体制を取らせていただいております。申請条件、料金その他お問い合わせは弊社までメールにてお問合せいただきますようお願いいたします。

※2003年9月1日より、日本国籍を有する方が観光もしくは業務で中国に入国する場合、15日以内の滞在は査証の取得が不要になりましたのでご注意ください。

ご注意:訪中ビザの代理申請手続きについては、東京、名古屋、大阪にてそれぞれお取り扱いが可能ですが、 当ホームページの内容は東京管轄にて申請する場合の条件、費用となっております。
名古屋管轄、大阪管轄での申請をご希望の場合は弊社中部営業本部、関西営業本部までお問い合わせください。

査証(ビザ)申請の手続

弊社申請

まず下欄に必要な事項を入力し、弊社まで送信してください。 当社から「中国ビザ申請手続きのご案内」の確認メールを送付し、必要書類をご案内いたします。

必要書類の郵送

確認メールを受信後、下記必要書類(申請する査証の種類により追加書類が異なりますので、確認してください)を準備し、弊社まで書留にて送付、または直接ご来店ください。

お支払い

お支払い方法につきましては、以下のいずれかとなりますので、あらかじめおしらせください。

  • ・書類と一緒に、現金書留で送付。
  • ・受け取りにご来店の際、現金で支払い。
  • ・事前に振り込み。

(振込依頼人名は、『管理番号. 』を入力し、その後振込明細は弊社まで FAX(03-5510-9977)して下さい。

銀  行:三菱東京UFJ銀行 新橋支店
口  座:普通預金  No.4988024
口座名義:中青旅日本株式会社(チュウセイリョニホンカブシキカイシャ)

申請(弊社側の業務)

必要書類は朝 9時30分までに弊社に必要書類完備のうえでお届けいただければ、当日の大使館申請としてお取り扱いいたします。9時30分以降に到着した場合は翌日のお取り扱いとなりますので、あらかじめご了承ください。

※中国大使館ならびに受付窓口の休日、土、日曜日、祝日
※その他の休日は弊社までお問い合せください。

受領までの所要日数<大使館休日を除く>

(1)弊社まで受け取りの際は下記期日以降にお越し下さい。
普通申請:申請日を含めて4日間(申請日より3日後の14時以降)。
加急申請:申請日を含めて3日間(申請日より翌翌日の14時以降)。
特急申請:申請日を含めて2日間(申請日より翌日の14時以降)。*即日申請は2016年9月25日現在対応停止中です。


(2)宅配で送る場合
弊社からは『着払い』にて貴重品扱いの宅配便にて送付致します。元払い(要送料/別途ご案内)ご希望の方は申請時にご連絡ください。

査証(ビザ)種類別必要書類、申請代行料金 <日本国籍保有者用>

当料金は東京大使館管轄の地区(東日本※詳細下記参照)にお住まいの方限定となります。大阪、札幌など各地の中国領事館が管轄する地区にお住まいの方はご利用いただけません。くわしくは当社担当者までお問い合わせください。

必要書類

□基本書類 (日本国籍保有者用) 日本以外の国籍保有者はお問合せください

  1. ・残存日数の有効な【パスポート※2ページ以上の空白が必要です】
  2. ・【証明写真】1枚※縦4,8cm×横3,3cm/6ヶ月以内に撮影したもの/スピード写真可※カラーのみ(白黒の写真は受付不可) 背景:白
  3. ・【記入済み申請書】※鉛筆・フリクションなどの使用は不可です。用紙のダウンロードはこちら

※その他一部査証の種類により、以下の追加書類が必要となります。

追加書類

  • ①航空券とホテルの予約確認書のコピー。宿泊ホテルの代わりに知人宅に宿泊する場合:ホテル予約確認書の代わりに知人からの【招聘状(申請者の氏名、国籍、生年月日、招聘者の住所、電話番号、滞在期間、訪問地を明記のうえ、招聘人の署名も必要)のコピー】ならびに【招聘人の身分証明書のコピー】が必要。《航空券/ホテルなど弊社にてご予約承ります》
  • ②中国側の交流先または訪問先が発行した【招聘状(申請者の氏名、国籍、生年月日、招聘者の住所、電話番号、訪問理由、滞在期間、訪問地、申請者との関係、招聘者が費用負担をする旨明記のうえ、法定代表者または招聘者の署名、社印が押印のこと)コピー】。
  • ③中国現地受け入れ先企業が発行した【招聘状(申請者の氏名、国籍、生年月日、招聘者の住所、電話番号、訪問目的、滞在期間、訪問地、招聘者が費用負担をする旨明記のうえ、法定代表者または招聘者の署名、社印が押印のこと)コピー】。
  • ④必須条件:中国の渡航歴が2回以上(パスポート上の入出国スタンプ計4つ)+【中国現地招聘状の原本※コピー可】
  • ⑤中国側受入学校が発行した【入学通知書の原本】
  • ⑥中国現地政府機関が発行した【外国留学人員来華査証申請表(JW202)の原本】
  • ⑦中国現地政府機関発行の【外国人工作許可通知 ※コピー可】
  • ⑧中国側外交部新聞司と関係部門により発出される【在日中国大使館東京領事部宛の公電】
  • ⑨外務省発行【口上書と封筒の原本】ならびに中国政府発行の【被受権単位邀請函の原本】
  • ⑩中国現地訪問先からの【招聘状(申請者の氏名、国籍、生年月日、招聘者の住所、電話番号、訪問目的、滞在期間、訪問地、招聘者が費用負担をする旨明記のうえ、招聘者の署名のこと)コピー】
  • ⑪中国現地訪問先の中国人の【身分証明書(両面コピー)】
  • ⑫中国人との血縁関係にあることを証明する戸籍が記載されている【戸籍謄本(日本側書類)】
  •   
  • ⑬就労ビザを取得した家族からの【招聘状(申請者の氏名、国籍、生年月日、招聘者の住所、電話番号、訪問目的、滞在期間、訪問地、招聘者が費用負担をする旨明記のうえ、招聘者の署名のこと)コピー】
  •   
  • ⑭就労ビザを取得した家族のパスポート顔写真と居留許可のページのコピー